近代的な設計でシンプル。センスがある。

キャディーは事前に予約すること。

カートは受付で頼める。平坦なゴルフ場なので十分歩ける。

ロッカールームは余裕がある。ゲストようのロッカーは非常に限られている。

広い練習場。天然芝からの練習あり。

プロショップはウェアー中心だが、お土産ものも多く、見ているだけでも楽しい。

立派な食堂あり。夕方にはおつまみなどサービス。

茶屋は未確認。

 

戻る

Clubhouse:

表(左)と裏(右)

 

Entrance:

立派な入り口。

 

Reception:

受付はプロショップ。

 

Locker:

センスの良いロッカールーム。チェックの絨毯は何か意味があるのかが疑問。

 

Locker:

シャワーの設備は気持ち少ない気がするが、恐らくメンバーはプレー後、一杯のんでそのまま帰るパターン。

 

Main Cafe:

暖炉がオシャレ。

 

Main Cafe:

ワインが多いのがさすがオーストラリア。

 

Pro Shop:

品揃いはセンスが良く、見てるだけでも面白い。

 

Putting Green:

広い練習グリーン。

 

Driving Range:

天然芝から練習ができる。ビジターは無料で練習できる。