昔ながらのクラブハウス。メンバーは、家族を連れてきて一日過ごすことができる。

キャディーは男女いる。

比較的平坦なコースなので、歩ける。何ヶ所かホールとホールの間が長いが、カート借りる必要性あまり無い。

ロッカールームはキレイではあるが、メンバーとビジターの差が激しい。ビジターはまるでジムのロッカーを使ってる見たいでちょっと感じよくない。

無いため、1番フェアウエーを使っている。16番の隣に練習グリーンでチップの練習ができる。

プロショップは入り口の隣にある。ものは一通りそろっているが、値段が高い。ロストボール1ダース500ペソ(2011年現在)ティーオフ前にキャディーは300ペソで同じものを売っていた。他のコースでは100ペソで買えるので、このプロショップでものを買うことは薦められない。多分、ツーリストが多いため、ポンポンとすぐ買うため、値段が上がってしまったもの。

オープンカフェで和食が食べられるのがうれしい。カレーはちょっと甘口。

前半、後半に茶屋あり。また、10番の前にもちょっと食べられる茶屋がある。

そのほか、テニス、プール、バトミントンなどできる。おそらくメンバーしか使えないと思われる。

 

戻る

Clubhouse:

表(左)と裏(右)

 

Lobby:

 70年代を感じさせられる建築。

 

Reception:

入り口のすぐ左に受付。 笑顔で対応。

 

Locker:

 キレイで余裕があるロッカーではあるが....

 

 Locker:

....キレイなロッカーはメンバーのため(左)ビジターロッカーはまるでジムのロッカー(右)

 

 Locker:

 シャワーなどの施設はビジターの差別はなし

 

Pool:

1番ティーグラウンドの隣にプール施設。

 

Main Cafe:

 街中にある和食店の食事が食べられる。シンプルなメニューではあるが、無いより十分。

 

Pro Shop:

 ものはあるが、高め。ボールは得に他で買うことをお薦め。キャッシュオンリーにも注意。

 

 Tea House:

飲み物など置いてある。

 

 Practice Green:

16番の隣でアプローチの練習。ちょっとクラブハウスから遠い

  Practice Green:

クラブハウスの裏にはパット用練習グリーン。

 

Practice Range:

打ちっ放しはないが、1番フェアウエーで練習できる(使われていない時に限る)

 

 

Map: