狭いミドルホール。ティーショットは左のフェアウェーバンカーに注意。

グリーンは広いので積極的にピンを狙いたい。

戻る

左ドッグのロングホール。ティーショットはドローを掛け、左の木をまわしたい。グリーンの手前に池があるので、ロングヒッターも2オンは難しい。とにかく刻んでしっかりパーオンを狙う。

 

戻る

池を越えるショートにすれば、気持ち長い気がする。グリーンを外すなら左側。

オーバードライブは奥のバンカーにはまる可能性あり。

 

戻る

右に広がるフェアウエー。グリーンへの最短距離はフェアウエー左側であるが、どフックの場合OBもあるので注意。まともに真中に打ってもアイアンでの2オン狙いは十分可能なので、無理せず真中を狙うこと。

 

戻る

池越えショート。広いグリーンなので、ピンを狙うこと。(右の写真のグリーンは閉鎖中でテンポラリグリーンを使ったもの)

 

戻る

右にドッグするなかなか面白いミドルホール。ティーボックスから見えないが、右に池。素直に真直ぐ打つのがポイント。

2打目もグリーン手前にある池を越える。しっかりと距離を出したい。

(注)近日中にこのホールの改造が行われる。右の池をフェアウェーの中までの伸ばし、左のラフ・森をフェアウエーに変えている準備が始まっている(用は、ドッグレッグをもっと激しく)。

 

戻る

長い真直ぐなロング。途中からフェアウエーはダウンヒルであるため、ティーボックスからはグリーンが見えない。

ちょっと長いし、グリーン手前にバンカーがあるため、2オンは難しい。また比較的左右の木も高いので、曲げると一苦労。

とにかく真直ぐショットを打ち、3オンの確実性を高めた方が無難なホール。

 

戻る

右にドッグするミドルホール。フェアウエー右に落とすと、スタイミーになる可能性があるので、なるべく、真直ぐから左よりにティーショットを落としたい。

 

戻る

ほぼ真直ぐなミドルホール。フェアウエーバンカーもない。比較的短いため、それほどティーショットを飛ばす必要はない。

 

戻る

後半ページにジャンプ