古いクラブハウスではあるが、センスはあるので、あまり気にはならない。小さいプロショップ、綺麗なロッカーと最低限の設備はあるので、十分ゴルフは楽しめる。

キャディーは男性。今回はマリオなような台湾人のオッちゃんがキャディーしてくれた。コースを丁寧に教えてくれるし、ヤーデージもそれなりに正確。

カートはグリーンフィーに含まれている。

ロッカールームは綺麗。大浴場もある。日本スタイル。

練習場は未確認。

プロショップは小さいがものは多い。

平日は閉まっており、コース内のハーフで使う大きい茶屋での食事。

途中で茶屋あるが、平日は閉まっていた。

 

戻る

Clubhouse:

表(左)と裏(右)

Lobby:

天井の高いロビー。ここで受付。

 

Reception:

ロビー横に受付。

 

Locker:

綺麗なロッカールーム。プールなような大浴場がある。平日の朝はまだ準備中。

 

Locker:

日本式のロッカールーム。ただしシャワーもある。

 

Main Cafe:

平日の朝は閉まっていた。

 

Trophy Case:

過去の歴史を説明する壁、トロフィーなどもかざってある。

 

Pro Shop:

小さいが、小物が一杯で色々楽しく見れる。

 

Halfway House:

ハーフ終わって茶屋で一休み。平日はここがメインの食堂にもなる。

 

Tea House:

途中で茶屋あり。平日の朝は閉まっていた。

 

 

100 Year Anniversary:

百年記念ロゴ。