Mobirise

Rees Jones

 Rees は前々回に紹介したRobert Trent Jones Srを父に持つ。つまりR T Jones Jrの弟でもある。父は息子たちにコース設計家としての遺伝子を残し、その仕事の場を米国の西側は長兄に、東側は次男に担当するように配慮したといわれる。
レストア(原状復帰)時代の幕が切って落とされ、リースは7つの全米オープン開催コースを改造・改修して、「オープン・ドクター」の名をほしいままにしている。
リースの名前を一気に高めたのはザ・カントリークラブの改造・改修であった。用具の進化により、18ホールのすべて易しくなっていた同コースを、原設計を活かしながら現代に合うよう改造し、1988年、75年ぶりに全米オープンを開催する源となったのだ。
 以来、リストアしたコースには父との因縁もあった。Hazeltine National、Congressionalは父シニアの原設計。Hazeltineはリースが尊敬するTillinghastが原設計で、それをシニアが改造したのを再改造。親子2代、伝統を守る改造の歴史を刻んでいる。全米オープンを開催した他のコースはPinehurst No2、パブリックのBethpage(全米オープン3度開催)、珍しく西海岸のTorrey Pines (08年開催し、21年の開催も決定している)がある。
  また、全米オープンのみならず、全米プロ(7つ)、ライダーカップ(5つ)、ウォカーカップ(2つ)、プレジデンツカップ(1つ)を改造・改修している。
「私はモダンクラシックが好きで、例えばピート・ダイのような劇場型の過激さは好みではありません。伝統ある原設計を活かしながら現代に通用させる。これが私のレストア哲学です」とリースは語る。
リースのコース設計での基本原則は3つある。1つが「Definition」。ティに立った時、プレーヤーにそのホールの戦略性を提示すること。フェア性である。2つ目が「Multi Theories」。18ホールの中に多くの設計理念、違った性格の要素を盛り込んでプレーヤーを飽きさせないこと。3つ目が「Natural Beauty」だ。それも人為的に造り込まず、周りの環境、借景に溶け込んだ美しさを追究することだとリースはいう。(lexuscard-golferssalon.comより)

https://www.reesjonesinc.com/

List of Courses (outside USA)

Asia Pacific, Europe & Africa


China
Yunling

Japan

Hodogaya
Ibaraki
Shizuoka Hamaoka (Ogasa)
Shizuoka Hamaoka (Takamatsu)

Korea
LPGA International Busan

Namibia
Swakopmund

Spain
Santander

USA Selected Courses


Torrey Pines (South)
LPGA International (Jones)
Atlanta Athletic (Highlands)
Atlanta Athletic (Riverside)
Sea Island (Plantation)
Mauna Kea
Congressional (Blue)
The Country Club
Hazeltine
Baltusrol (Upper)
Baltusrol (Lower)
Atlantic
Sleepy Hollow
Westchester
Rye
Pinehurst (No.2)
Pinehurst (No.7)

Americas


Bahamas
Lyford

Bermuda

St. George's

Canada
Hamilton
Lambton
London Hunt
Royal Oaks

Dominica Republic

Playa Grande

Mexico

Bahia Maroma
TPC Danzane Bay

Puerto Rico

Palmas Del Mar
Cayo Largo

Page was created with Mobirise