Mobirise

John Henry "J.H." Taylor

(1871 - 1963)

全英オープン5勝の大レジェンドのTaylorは1900年前後に活躍し、Vardon、Braidとともに「三巨人」と言われた一人。Vardonはその技量、Braidは引退後のコース設計で名前を残したが、Taylorはあまりよくわからないかも知れない。

しかし、本人は「労働者」がゴルフを楽しめるように尽力した。彼はプロゴルフ協会の設立に尽力し、ゴルフの底辺拡大のために、各クラブにビジター枠を作るように要請した人物。一方で、彼はゴルフのゲームに大変厳格な姿勢で臨んだことでも有名で、著名なゴルフ評論家、バーナード・ダーウィンをして「ゴルフを嫌うがごとくプレーする」と評するほどだった。

Courses Played


Royal Mid Surrey (Inner), England, 1892

Royal Birkdale (redesign 1931), England, 1897

Hailnaut Forest, England, 1909

Selsdon Park, England, 1929

England


Royal Ascot
Seaford
Royal Winchester
Sidmouth
Datchet 
York
Clevedon
West Wilts
Purely Downs
Stratford on Avon 
Flempton 
Came Down 
Straberry Hill
Queens Park 
Gorleston
Andover
Camarthen
Ogbourne Downs
Chester Le Street
Eastbourne Downs 
Langley Park
Heaton Park
Okehampton 

England & Wales


Bigbury
Highwoods
Pinner Hill
Windwhistle
Batchwood Hall
Airlinks
Links Country Park Hotel 
Frilford Heath (Red)
Hayling
Hindhead
Knowle
High Post 
Hayling
Long Ashton
Burnham & Berrow
Willingdon
Selby

Wales
Carmarthen
Gwynedd

Site was created with Mobirise site templates