後半はダウンヒルのロングでスタート。

とにかく長いので、ランとフォローの風がないと、2オンはとてもじゃないけど無理がある。

途中からフェアウエーバンカーも多くなるので、確実に3オン狙うの方が無難。

 

コースガイドはここをクリック

戻る

course guide: Best Approach Publications (c) 2014

真直ぐミドル。またダウンヒル。比較的に長めなので、ティーショットはランを出したい。

グリーン手前左右に深いバンカー。2打目はとにかく真直ぐ打つこと。

 

コースガイドはここをクリック

戻る

course guide: Best Approach Publications (c) 2014

ティーショットは打ち下ろしミドル。それほど長くはないので、飛ばす必要ない。確実に真直ぐ打つことがポイント。

 

コースガイドはここをクリック

 

戻る

course guide: Best Approach Publications (c) 2014

短めのショート。丘の上にあるグリーンなので、真ん中を狙いオンすること。

 

コースガイドはここをクリック

戻る

course guide: Best Approach Publications (c) 2014

右には珍しくOBのミドルホール。左には水。とにかくティーショットは真直ぐ打つことが重要。

2打目も左池ポチャに注意。

 

コースガイドはここをクリック

戻る

course guide: Best Approach Publications (c) 2014

真直ぐミドル。若干アップヒル。ティーショットはちょっとした島になっているフェアウエーに落とす。ロングヒッターはランでクリークに落ちる可能性あるので、風、ティーボックスなど計算に入れる。

ロングヒッターは2オン可能な距離であるが、ガードバンカーが厳しいので注意。

 

コースガイドはここをクリック

戻る

course guide: Best Approach Publications (c) 2014

バンカー越えのショート。難度は風の向きにより大分違う。

 

コースガイドはここをクリック

戻る

course guide: Best Approach Publications (c) 2014

アップヒルのミドル。距離はそれほどないので、確実性に重視。ティーショットはバンカー左に落とせば、それほど難しくないホール。

 

コースガイドはここをクリック

戻る

course guide: Best Approach Publications (c) 2014

左ドッグのミドルで終わる。ただし、グリーンは急激な丘の上にあるので、ティーショットで距離を稼ぎたい。

途中でクリークがあるので、手前までティーショットを落とせば、なんとかショートアイアンでグリーン狙える。

結構盛り上がるホールである。

 

コースガイドはここをクリック

戻る

course guide: Best Approach Publications (c) 2014

前半に戻る