右ドッグのロング。下会うえー途中から右に下がっており、落ちどころがティーから見にくいので立ちにくい。左OBが以外と浅い。あまり右もトラブル。うまくフェードで。2打目は打ち下ろし気味の谷越え。3打目はかなりの打ち上げになる。

 

コースガイドはここをクリック

戻る

course guide: www.golfinfonetwork.com

 

 谷越えのトリッキーなショート。左右木がないため、風の影響がもろ出ているホールのため、比較的短いが、風によりどのようにせめるかが変わる。

コースガイドはここをクリック

戻る

course guide: www.golfinfonetwork.com

 谷越えのティーショット。ゴロ、天ぷらでない限りあまり気にはならない。ただし、左は崖になっているため、注意。2打目は谷越えでグリーンを狙うので、自身がなかったら、刻むのがベスト。

 

コースガイドはここをクリック

戻る

course guide: www.golfinfonetwork.com

キョウレツなアップヒルロング。距離はそう長くはないが、歩きのゴルファーは谷を降りてから上がるため、フェアウエーに出るだけで疲れると思われる。フェアウエーは右に曲がっているため、右を狙う。真っ直ぐ打つと、OBの可能性が高い。

コースガイドはここをクリック

戻る

course guide: www.golfinfonetwork.com

豪快な池越えうち下ろしショット。グリーン左は全部池なのでフックは完全にアウト。右に何とか逃げるしかない。ホールアウトの茶屋は非常に助かる。

 

コースガイドはここをクリック

戻る

course guide: www.golfinfonetwork.com

池の右にグリーンがある→

 コース最長のミドル。おまけにティーショットは豪快な池越え。スライスは完全に池ポチャ。まともにツーオンしたい場合は220以上のキャリーで距離を稼ぐしかない。キャリーに自身がない人は前進5打。

コースガイドはここをクリック

戻る

course guide: www.golfinfonetwork.com

比較的無難はショート。右の崖に注意。

 

 コースガイドはここをクリック

戻る

course guide: www.golfinfonetwork.com

アップヒルの後、また下がるため、ちょっとヤッカイであるが、ひたすら真っ直ぐ。右側崖であるため注意。

左側も林。

 

コースガイドはここをクリック

戻る

course guide: www.golfinfonetwork.com

 普通のミドル。フェアウエーバンカーの左を狙うのがベストであるが、左フックは林の中でロストになる可能性が高い。グリーン左は池とバンカーですこし厄介。

コースガイドはここをクリック

戻る

course guide: www.golfinfonetwork.com

前半に戻る