Mobirise

 Warren Golf Course at Notre Dame


South Bend, Indiana, USA

  • Established - 2000
  • Course Type - Parkland ("links style")
  • Designer - Bill Coore, Ben Crenshaw
  • Course Rating - プロ 74.6/135 黒 73.4/132 青 71.5/128 白 70.4/125 赤 71.1/122
  • Par - 71
  • Visitor Play - ビジター可。ネットか電話で要予約。

Course Design

比較的新しいコースであるが、所属している大学のテーマに合わせデザインをアイルランドスタイルのリンクスを入れている。ラフはフェスキューで入れたら大変。

☆☆☆☆

History and Recognition

歴史は短いが、コースデザインが認められ、米国ベスト100パブリックコース番付に入った。

☆☆☆

Clubhouse Facilities

赤煉瓦クラブハウスは余裕のあるプロショップとレストラン。ロッカーはなく、着替えとシャワーはできない。練習場はレンジと大きいグリーンがあるので、十分ラウンド前の練習はできる。

☆☆☆

Proshop

大学コースなので、大学のマスコット「Fighting Irish」をテーマにした衣類、小物が多い。お土産物には困らない。ショップ自体もセンスが良い。

☆☆☆☆

Kitchen

コロナの関係でハーフ終わってのキオスクしか営業していなかったのが残念。サンドイッチ、飲み物類など販売。

☆☆☆

Green Fee

地域のパブリックコースの中では一番評価が高い割にはリーズナブルなグリーンフィー。大学に所属していない地域ゴルファーもたまにはここでプレーしている。

☆☆☆

Mobirise

感想・評価

大学トーナメントは勿論、2019年には全米シニアーオープンも開催した本格的なトーナメントコース。

アイルランドをマスコットにした大学のゴルフ場のため、アイリッシュリンクスによく使われているフェスキューをフェアウエー左右のラフに使われているため、コントロールショットが必要なコース。ただし、芝はアメリカンなベントが使われて本格的なリンクスとは言えない。

アメリカで人気があるBandon DunesやSand Valleyをデザインした設計者チームCoore & Crenshawが設計したコースの割には比較的安くプレーができ、コスパは良い。フェスキューラフ、クリークなどの障害物が多いコースでありながら、アップダウンが少なく、まだ楽しめるコースでもあり、また、全米シニアー後、コースの改善も行われ、楽しめる。

(2022/7)

評価

North America - Top 100 Courses you can Play
2021-2022 Rank: #70


写真:リンクススタイルとは言え、グリーン隣にパークランドコースぽい池などある。3番フェアウエーより。

T

Course Information

(Yards)

前半:黒 3411 青 3321 白 3117 赤 2562 Par 35

後半:黒 3609 青 3423 白 3229 赤 2740 Par 36

合計:黒 7020 青 6744 白 6346 赤 5302 Par 71

写真:クリーク越えのティーショット、バンカーなど避ける必要ある16番ミドル。

Mobirise

Built with Mobirise ‌

Free Web Page Maker