Mobirise

Dick Wilson


ペンシルバニア州出身、大学卒業後ウィソン氏はフィラデルフィアのゴルフ場建設者Howard C. Toomeyと William S. Flynnのチームに加わる。 1931年、彼はToomeyとFlynnが 名門Shinnecock Hills Golf Clubの完全なオーバーホールを行ったときに建設を監督。Toomey&Flynnと共に、Cleveland Country Clubにも取り組む。Boca Raton Resortの2つのゴルフコース(North Courseは、住宅/リゾート開発のために最終的に削除され、ウィルソンの弟子であったJoseph L. Lee氏によって設計されたBoca Raton Country Clubが跡地に建った。 どちらも2019年に資産家のMichael Dell氏が購入)はフロリダ州ボカラトン、マサチューセッツ州ブルックラインのCountry Club、プリンストン郊外のSpringdaleなどある。30年代の大恐慌中、ウィルソンはDelray Beach Golf Clubを管理する仕事を得、またしばらくコースの監督でしたが、第二次世界大戦中には空軍基地のカモフラージュ作業に取り組む。

戦後、ウィルソンは自らゴルフコースのデザイナーになった。最初は受注も少なかったが、1952年にウィルソンはマイアミ大学の30歳の卒業生であるLeeを弟子として引き受けるのに十分な勢いで回復。ウィルソンのスタイルには、広いフェアウェイと大きなグリーンが含まれる。バンカーに曲線的な形を与える。フロリダの平らな地形では彼はグリーンをわずかに隆起させるスタイルを開発。グリーンの軸はフェアウェイに対して30%– 45度の対角線に設定し、大きなバンカーがアプローチをガードする。ウィルソン・コースには通常、打ち下ろしティーグラウンドとグリーンを埋めるためだけでなく、チャレンジを追加するためにもさまざまな池などが含まれている。ウィルソン・スタイルは、空中アプローチによってグリーンにたどり着く必要があるという新しい概念を反映。

ウィルソンは1965年に61歳で亡くなる。

Notable Courses


NCR (South) 1954
Meadow Brook 1955
Hole-in-the-Wal 1958
Royal Montreal 1959
Coldstream 1960
Laurel Valley 1960
Bay Hill 1961
Pine Tree 1962

Notable
Courses


TPC Blue Monster at Doral 1962
Greenbrier Lakeside 1962
Royal Oaks 1963
PGA National (East) 1964
La Costa 1964
Bidermann 1965
The Beden Brook  1965

Built with Mobirise - Get now