Mobirise


Alister Mackenzie


マッケンジーは、ゴルフ設計基本原則を記している。

>真に偉大なコースは、多くのプレイヤーが常に楽しんでプレーできるものであること。
>プレイヤーには技術同様に戦略も要求する。それでこそゴルファーの興味を引き続けることができる。
>アベレージ・ゴルファーにも良いプレーができるよう、十分なチャンスを与えると同時に、アンダーパーを狙えるプレーヤーには、最高の技術・戦略を要求する。
>全ての自然の美しさは保存されなければならない。自然のハザードはそのまま利用し、人工的なものは最小限に留めなければならない。
>ブラインドホールはなくすこと。
>ロストボールを捜す面倒やいらだちを全くなくすこと。
>大胆なティショットの見せ場もあるが、非力なプレイヤーが1打を失うことを覚悟すれば、いつも他の選択肢が用意されていること。

また、リンクス・コースとの差別化ではなく、特色を継承するべき点についても留意している。
>全てのホールに特色があること。
>多彩な技術を要求するグリーン周辺にすること。
>夏でも冬でも良いコンディションにすること。
>スクラッチプレイヤー以上のプレイヤーには、挑戦意欲がわくようなコースにすること。
>全てが美しいこと。

などである。

従来のリンクス・コースでは、1番ホールからスタートして、18番でクラブハウスに戻る。すなわち9番、10番がクラブハウスから一番遠いところになっていた。それを1番から9番を「フロント9」、10番から18番を「バック9」と呼び、それぞれクラブハウスに戻れるかたちにしたのは、マッケンジーの提案である。以降、近代ゴルフコースの常識となった。


build your own site for free

Great Britain


England
Cleckheaton & District
Fulwell
Alwoodley
Darlington
Moortown
Reddish Vale
Garforth
Hazel Grove
Sitwell Park
Hadley Wood
Temple Newsam
Muskerry
Teignmouth
Seaton Carew
Stanley Park
South Moor (course re-design)
Ravensworth (re-design)
Low Laithes
Cavendish
Sand Moor
Worcestershire
Worcester
Bingley St. Ives

Isle of Man
Douglas

Scotland
Duff House Royal
Royal Troon (Portland)
Pitreavie (Dunfermlin)
Bonnyton
Hazlehead Park (MacKenzie)
Blairgowie (Rosemount)

United States


Canoe Brook (South)
Burning Tree
Meadow
Redlands
Cypress Point
The Valley Club of Montecito
Northwood
Pasatiempo
Claremont
Crystal Downs
Green Hills
Ohio State University (Scarlet)
Sharp Park
University of Michigan
Haggin Oaks
Augusta National


Other Countries


Ireland
Douglas
Galway
Cork
Lahinch (Old)
Nenagh

Australia
Flinders (Consultant)
Royal Adelaide

Uruguay
Fray Bentos
Uruguay (Punta Carretas)

Mexico
Tijuana (Disputed)

Argentina
Jockey Club

Canada
St. Charles (Mackenzie Nine)