Mobirise

Old Tom Morris

トム・モリスSr.(1851~1908)

全英オープンは世界最古の競技である。その第1回大会から、常に優勝、準優勝を勝ち獲っていたのがトム・モリスSr.である。1860年から10年間で、優勝4回、2位3回。最後に敗れた相手は、誰あろう息子のトム・モリスJr.であった。ゴルフ黎明期に父子で名手となった。父は、オールド・トムの愛称で親しまれ、息子は、ヤング・トムと呼ばれていた。オールド・トムは、若き日にセントアンドリュースのアラン・ロバートソンの下でクラブとボール職人として働いていた。1851年にロバートソンのもとを離れて新しく生まれたリンクスコースのプレストウイックに移り、そこでヤング・トムが生まれた。1861、62、64、67年と全英オープンに優勝。そしてオールド・トムは、1865年に再びセントアンドリュースに戻った。その時は、専属プロゴルファーとグリーンキーパーとして迎え入れられた。いまでもセントアンドリュースの18番グリーン脇にトム・モリスのショップがある。

Courses Played


St. Andrews Links (Old - Redesign), Scotland, c.1400

Carnoustie (Championship), Scotland, 1842

Prestwick, Scotland, 1851

Royal North Devon, Devon, England, 1864

St. Andrews Links (New), Scotland, 1895


Alyth
Anstuther
Askernish
Crail
Callander
Castletown
Cruden Bay (st. Olaf)
Cruden Bay (Championship)
Cullen
Dewsbery District
Dunbar
Dunkeld and Birnam
Forfar
Glasgow Killermont
Helensburgh
Ketterin
King Edward Bay
King James VI


Kinghorn
Kirby Muxlo
Kirkcaldy
Ladybank
Lahinch
Lanark
Leslie
Leven
Luffness
Lundin
Machrihanish (Championship)
Montrose
Moray (Old)
Nairn Dunbar
Muirfield
North Inch
Newcastle United
Pwllheli


Ramsey
Rosapenna (Old Tom Morris)
Royal Burgess
Royal County Down (Annesley)
Royal County Down (Championship)
Royal Cromer
Royal Dornoch
Stirling
Strathpeffer
Tain
Tarland
The Nairn
The West Kilbride
Wallasey
Warkworth
West Herts

Site was designed with Mobirise